第19回全日本エンデュランス馬術大会2018

主催 : 公益社団法人 日本馬術連盟

大会は終了いたしました。ご声援ありがとうございました。
大会レポートをご覧ください。

会場

鹿追町ライディングパーク

北海道河東郡鹿追町瓜幕西3丁目

入場無料

見どころ

1996年に日本で最初のエンデュランス競技が、北海道鹿追町ライディングパークで開催されました。その4年後の2000年にスタートした《全日本エンデュランス馬術大会》は今年で19回目を迎えますが、過去18回の大会のうち15回がここ北海道鹿追町ライディングパークで行われています。

今年の日本一を決める選手権競技の距離は120km。まだ真っ暗な午前3時に、ヘッドライトをつけた選手がスタートしていきます。コースは、40km、30km、30km、20kmの4区間で構成され、雄大な自然の中、森の中を走り、川を渡り、公道も使用します。また、80kmと60kmの競技も実施します。

見どころイメージ

エンデュランスとは?

JEFオフィシャルパートナー
JEF オフィシャルサポーター
Photo by UNITED PHOTO PRESS, Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT, c3.photography, Japan Equestrian Federation, Yusuke Nakanishi
リンクフリー / プライバシーポリシー
Copyright © 2018 JAPAN EQUESTRIAN FEDERATION All Rights Reserved.
ページのTOP